×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

特許申請@国際特許事務所 東京

特許申請の細かい部分には触れず、全体像を掴んで頂く事が当サイトの目的です。国際特許事務所 東京

記事一覧

特許申請@国際特許事務所 東京

国際特許事務所が扱う代表的な業務に特許申請と呼ばれるものがあります。
この「特許申請@国際特許事務所 東京」ホームページでは、「特許申請」の全体像を大まかに初心者の方に掴んで頂く事を目的に作っております。
「特許申請」を行うのは、たいてい企業だと思いますが、個人であっても特許申請が可能な事はこのホームページのコンテンツを読んで頂ければ解ると思います。
 
ところで、この「特許申請」という言葉ですが、これは正式用語ではありません。
特許の世界では、特許申請とは言わずに、「特許出願」と言います。
しかし、一般の方には特許出願よりも、特許申請という言葉のほうが馴染みがあるかと思います。
その為、このホームページでは、正式名である「特許出願」では無く、あえて「特許申請」という言葉を使わせて頂きます。
 
特許申請は、個人でも行う事が可能であると先ほど申し上げましたが、それでもやはり可能な限り法律のプロフェッショナルである国際特許事務所の弁理士先生を通して行ったほうが良いというのが特許素人の私の見解であります。
理由は、同じ発明でも申請する人の腕次第で、特許を通して得られる権利の範囲が変わってしまうからです。
 
われわれ素人が、特許について知っている事は限られてします。
その限られた知識や特許申請のスキルに基づいて、実際に特許を取得してしまうと、我々素人が知らないだけで、本来得られたであろう権利を逃す事になるかもしれません。
 
発明をビジネスで使っていく上では、特許によって得られる権利の範囲というのはビジネスそのものに関わってくる問題なので、たいへん重要です。
セルフ特許申請では、「小さなお金を出し惜しみして、大きなチャンスを失う」事になりかねない為、私はセルフ特許申請をおすすめできません。
 
国際特許事務所に依頼する事で、一時的に多少出費が増えても、それ以上に収益が見込めるなら「利益」はセルフ特許申請より増えます。
「利益」を増やす事が、経営者の第一の仕事である以上、僅かな費用を節減するためにセルフ特許申請を選択すべきでは無いのは明らかです。
 
経営者が目を向けなければならないのは、目先の「費用」ではありません。
経営者が目を向けるべきは、「利益(収益-費用)」であります。
良い意思決定を行うには、常に「利益」を意識する必要があります。
優秀な経営者ほど、「利益」に意識を集中させています。

関連
おすすめ